• ホーム
  • 美容外科とエステの違い|悩みに合わせて使い分けよう!

美容外科とエステの違い|悩みに合わせて使い分けよう!

2020年03月31日

美容外科もエステも、外見を美しくするという目的は一緒ですが全く違います。悩みに合わせて使い分けをすることが大切です。まず、カウンセリングの内容が異なります。施術の内容や料金などいろいろな説明があるのは一緒ですが、美容外科の場合は保険外の治療となりますので、そのことが記載されている同意書にサインをしなくてはいけません。また、対応するスタッフも異なります。エステでは美容に関する研修をきちんと受けたエステティシャンが行います。美容外科では医学的知識を持った医師が対応することになります。

次は、施術内容の違いについてです。癒されながら施術を受けたい場合はエステが良いですし、外科的な処置を行い即効性を優先させたいのであれば美容外科が良いでしょう。エステは医療機関ではありませんので、肌にメスを入れるような外科的な施術を行うことはできません。即効性を期待することはできませんが、非日常的でゴージャスな室内でリラックスしながら施術が受けられるでしょう。痩身やフェイシャルなど様々な種類がありますが、美しくなる以外にも癒しの空間を演出してくれます。

美容外科の場合はあくまでも医療の延長という位置づけになりますので、癒しやリラックスではなく即効性を重視した処置をしてくれます。美しくなるための処置が本来の目的であるため、クリニックによっては癒しの空間を演出しているところもありますがエステのゴージャス感には劣る点があるでしょう。

そして、最も違いで気になるのが費用と効果です。費用は高額になりますが、その分高い効果が期待できるのが美容外科であり、費用はリーズナブルですが効果もあらわれにくいのがエステだと言えます。ただし、美容外科は保険がきかない自費治療になるため、同じ施術でもクリニックによって費用にばらつきが見えます。また、施術内容も様々なものがありますがどれも10万円は下らないのが相場となりますので選ぶ際には注意が必要です。

エステは比較的安く施術が受けられますが、外科的な処置を行うことはできません。そのためマッサージや美容マシンを使った施術になります。それ以外にも食生活の改善をアドバイスしたりすることで、根本的なところから改善を試みます。即効性はありませんが持続性が高いというメリットもあります。エステも美容外科もメリット・デメリットがありますので、どちらもきちんと理解して使い分けると良い効果が得られるでしょう。

関連記事
今日からできるバストアップ方法!効果的なマッサージのやり方

バストアップマッサージにはいくつか方法がありますが、簡単にできるもののほうが毎日継続できるのでおすすめです。バストアップを効果的に行うには、体をしっかりと温める必要があります。入浴中やお風呂上りなどのタイミングを狙って行うと効果を高めることができるでしょう。1日に何回も行う必要はなく、体が温まってい

2020年05月07日
このままじゃ水着になれない!治りにくい背中ニキビの原因と対策

背中ニキビは、思春期にできやすいニキビとは原因菌が異なります。一度できると治りにくいニキビのため、早く治すためには正しいケアが必要です。背中ニキビは毛のう炎といわれる皮膚の病気の1つです。毛のうとは、毛穴の奥の体毛を取り囲んでいる皮膚の組織層です。毛のう炎は、黄色ブドウ球菌などの細菌が原因で起こった

2020年01月23日
肌のハリはコラーゲンが重要!口からの摂取方法に効果がないって本当?

ドラッグストアに行くと、よくコラーゲンが配合されているドリンクやサプリメントなどを多く見かけますが、実は口からの摂取方法は効果がないといわれています。コラーゲンは、腱や骨、皮膚・軟骨など人間の体全身に存在するものです。体に存在する全たんぱく質の約3分の1はそうであると言われており、人間の体はコラーゲ

2020年03月01日
美肌のあの子も使っている!ヒルドイド保湿クリームはどこで買える?

ヒルドイド保湿クリームは、皮膚科などで処方してもらい薬局で購入することができます。処方箋がない場合には薬局で購入することはできませんし、ドラッグストアには売っていませんので気を付けなくてはいけません。ヒルドイド保湿クリームは、ヘパリン類似物質という成分が含まれています。この成分の効果により肌の血行・

2020年02月11日
ニキビ治療薬「ダラシンTゲル」の効果・副作用と使い方

ニキビ治療薬のダラシンTゲルは、リンコマイシン系の外用抗菌剤で細菌の蛋白合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。主に化膿性炎症を伴うニキビの治療に使われます。使い方は、洗顔が終わったあとに適量を取り1日2回患部に塗ります。皮膚のみに使用して、目には入れないようにしましょう。また、万が一使い忘れてし

2020年01月04日
ニキビできやすい場所別の原因|おでこ・頬・あご・背中

ニキビにはおでこやあご、頬や背中などできやすい場所があります。それぞれの箇所にはできやすい原因も異なりますので知っておくと対策も立てやすくなるでしょう。おでこは皮脂が多く、過剰に分泌されると毛穴に詰まってしまいそれが原因でニキビができやすくなります。毛穴に皮脂が詰まった状態をそのままにしておきますと

2019年12月16日
ニキビ治療に効果的な低用量ピル「ダイアン35」の購入方法

ニキビ治療に効果的だといわれている低用量ピルのダイアン35は、女性ホルモンに似た成分が体の中を調整する効果が期待できます。体内のホルモンが安定することで、生理痛やPMSの軽減・経血量の減少などの生理トラブルを回避してくれます。生理がずれやすい人は予定通りに来ますので安心です。低用量ピルのダイアン35

2019年12月03日